市松人形の着物をリメイクしたお雛様の屏風

工房天祥の上久保です。
今日は、天祥がある人形の町【岩槻】に新しくできた【人形博物館】が開館した為、賑やかな音楽と屋台のイイ匂いがプーーーンと外をただよっています☆
屋台の匂いの誘惑につられそうになりながら、展示スペースをウロウロ…
沢山のお雛様が、皆様の元へ向かったので、
お正月の時とはお雛様がガラッっとかわっています。

そんな中で、先日専務が飾っていたお雛様の屏風が気になって、お客様がいなくなった時にながめていました。

天祥には、大人気の【こひな】がありますが
こひなより少し大きい立雛があるんです( ≧∀≦)ノ
立った状態で15cmと可愛い大きさ☆

そして屏風が市松人形の着物をアレンジした物なのです!!!
壁にもかけられるようになっているんですよ☆
お雛様を出す時期ではなくても、屏風だけ壁に飾りたくなってしまいませんか?!
私は部屋の壁を色々な物で飾るのが好きなので、ついつい飾りたくなってしまいます。

お時間がある方は、是非見に来てください☆

お雛様が左とは限らない?!?

工房 天祥の上久保です。

突然ですが、生活していくうえで関東と関西では
沢山の違いがあるって知ってますか??( ^▽^)

実は私達夫婦は、旦那が関西出身・私が関東出身なのですが、生活していく中で
■灯油缶の色の違い…
■食パンの厚さの違い…
■ところてんの味付け…    などなど
ほんとに色々なことが違っていたりするのですが、
お雛様でも実は違いがあるのです!!

ご存じでしたか??(^^)人(^^)

私は… 入社するまで知りませんでした(*σ´ェ`)σ

[関東]
向かってお内裏様が左・お雛様が右

[関西]
向かってお内裏様が右・お雛様が左。 なのです。

古来から日本では、身分の高い人が左側に座る[左上座]と言われてた為、伝統を重視する関西は向かって右にお内裏様を配置しています。

しかし、国際儀礼では右側が上位だと言われているので、その事が明治時代の文明開化で関東に広まり、左にお内裏様を配置するようになったようです。

どちらが正しいというものはありません。
なのでどちらに置いても大丈夫なのですが、
同じ日本なのに置き方が違うなんて面白いですよね?!( 〃▽〃)

【久遊さん】↑のお雛様は、お顔がキリってしていてしまりますね☆

惚れ惚れしてしまいます・・・

意外と知らないお雛様のお花

工房天祥の上久保です。

雛壇に飾るお花、今は本当に沢山の種類がありますよね☆
昔はどこのお雛様も、同じ様なお花が飾られてたような気がしませんか??

なぜ雛壇にお花が飾ってあるか』ご存じですか?

私はお花が横にあると綺麗だからかな?!なんて思っていたのですが、ちゃんと全てに意味があるんですよね(*σ´ェ`)σ

一般的、雛壇に飾られているのは
【桜】【橘】ですが、【桃】のお花も飾られたりしています。

】は、桃太郎が鬼退治をするというお話しがありますが、桃には邪気払いの霊力が強く備わっていて
鬼が好まないようなので魔除け…厄除けの力があると言われています。

】は、桃と同じで古来から魔除けや邪気払いをしてくれる力があると言われています。

】は、冬に黄金色の実がつくことから
古来から不老長寿の花で神のよりしろとも言われ、ありがたい木とあがめられています。

その為、↑これらのお花が飾られているようです。

まだまだ私の知らないことが沢山ありそうです
( ^▽^)

節句人形アドバイザーが選ぶカッコイイ五月人形の鎧、10選

五月人形には内飾りと外飾りの2種類があります。お部屋に飾るのが内飾りで、鎧飾りや兜飾りがございます。長男には鎧、次男には兜という昔からの慣わしもあって、初めてのお子様には内飾りとしての鎧飾りと、外飾りとしての鯉のぼりをご用意されるご家庭も少なくないです。

五月人形の鎧飾りについて、特徴や魅力などをあげて、皆さまがお選びになられる際の参考になればと思います。


①鈴甲子雄山作 徳川家康公之鎧10号 赤富士飾り

五月人形の中でも、江戸甲冑師・鈴甲子雄山の鎧は、フランスなど世界でも有名で人気が高いです。

特徴としては、金物や縅糸を使用して作り上げる従来の五月人形の鎧と違って、こちは、“総革小札仕様”という本物に見えるように工夫された素材感と、デザインの良さがあります。

鎧を際立たせているのが、昔から縁起が良いとされている“赤富士”の屏風です。やはり日本のシンボルである富士山は甲冑を勇壮に仕上げる魅力があります。

②18m-25

伝統甲冑師である大越忠保作の本格的な五月人形・鎧飾りです。
上杉謙信公の鎧は、“月と太陽”をイメージした「日月前立」が魅力的ですね。

鎧を選ぶ時には、武将ものか、そうでないかの2通りがあります。
この上杉謙信の五月人形のように、武将の鎧であれば、お住まいや出身地に所縁のある武将になさったり、人物像で人気のある方や、お子様にこの武将のように成長して欲しいなど、それぞれの思いで選ばれることが多いです。

③奉納鎧5号 本仕立 白糸之大鎧(正絹糸縅)

奉納鎧は、戦うための鎧ではなく、実際に神社やお寺に奉納をして、願いが叶った感謝の気持ちを伝える甲冑です。
お子様の成長を願うお節句としての五月人形では、奉納鎧は適しています。

五月人形の鎧は、実在した武将の模写などありますが、それらは勇壮な雰囲気で圧倒される迫力があります。五月人形の鎧の中でも、奉納鎧は美しい美術品的な印象がつよく、上品に飾りたい方にお薦めです。

④812kt-10gouaka-mou

こちらの五月人形は、鎧の毛せん飾りです。
畳んで片付けるだけですので、手間がかからず収納できる毛氈飾りです。また毛氈は、お好みのサイズで折りたためますので便利です。
正絹絲縅仕立て(赤糸威)の大鎧は、緑色の毛せんによって端午の節句らしさが演出された、五月人形の鎧飾りです。

⑤812tada-7ginki-23gm

有名甲冑師の大越忠保作の五月人形・鎧飾りです。
クリスタル柄小札の紫色縅絲で、気品ある高級仕様の五月人形、鎧飾りです。シルバー色の丸デザイン屏風によって、スタイリッシュな印象が人気の鎧飾り五月人形です。