どうする?桃の節句の準備の進め方

女の子の健やかな成長を願いながら家族全員でお祝いする桃の節句、ひな祭り。ご家族と相談して準備を進められることと思います。お子様の初節句をきっかけにひな人形を迎え入れることになりますが、いつ、どのような準備を進めたらよいのでしょうか。

まず、ひな人形の準備についてです。ひな人形は誰が購入するものなのでしょうか。
古くは、お嫁入り道具として婚家へ持参したものでした。従って、母方の実家から贈る例が多いようです。しかし、現在では、両家で話し合い費用を折半したり、ご夫婦でご購入されることも多くなっています。まずはご夫婦で相談して、その後両家ご実家に相談するのが良いでしょう。現在のひな人形には様々なタイプがありますから、お子様の成長に伴った今後の飾りつけのことも考えて選びましょう。

ひな人形はいつからいつまで飾るのでしょうか。
飾りつけは立春過ぎから二月の中旬、遅くともお節句の一週間前までには飾りましょう。地方によっては旧暦(四月三日)お節句に合わせて三月の中旬に飾り付けることもあります。私の出身地は旧暦でのひな祭りでしたので、娘が小さい頃は旧暦でひな祭りをしていました。娘が大きくなるに従い、学年の切り替わり時期と重なることもあってあわただしいので、三月三日となりました。 ご夫婦の出身地なども関係しますので、両家のご両親と相談して決めてください。片付けは三月中旬までに済ませることをお薦めしますが、地方によっては旧暦(四月三日)お節句に合わせる所もあります。お節句当日を三月三日とするのか、四月三日にするのかで変わってきますので、ひな人形の準備のスケジュールも併せながらご家族で良く相談して決めましょう。

ひな祭り当日はご家族が揃う大切な機会です。どのようにお祝いしたらよいのでしょうか。
時代と共に簡素化していると言われていますが、初節句は盛大に祝うご家庭も多いのではないでしょうか。ご両親や親戚にお声がけしてひな人形を飾り、ひな人形を前にお祝い膳としてのお料理をふるまいます。このお祝い膳のふるまいは、ご両親からのお祝いに対してのお返しにもなります。
ひな祭りと言えば「ちらし寿司」と「ハマグリのお吸い物」です。
彩豊かなちらし寿司は、華やかなひな祭りにピッタリです。菜の花などの季節の食材を取り入れながらカラフルに仕上げましょう。お子さまが離乳食の時期でしたら、流用できるものも使うといいですね。ハマグリのお吸い物は縁起物です。古来の「貝合わせ」という遊びに用いられていたように、一対になっている相手以外にはぴったりと合いません。従って、将来の良縁を願うものとなっています。お出汁をしっかりとれば、お子さまも喜んで味わってくれるかもしれません。
華やかなひな祭りにはデザートも欠かせません。菱餅やひなあられ、最近ではひな祭りケーキなどもあるようです。地方の伝統的なひな祭りにまつわる和菓子もあるようですので、ご両親にも相談しながら準備できるといいですね。

お子さまのお祝いには基本的には「お返し」は必要ありませんが、お礼状は必ず出しましょう。お祝いの席に出席できずともお祝いをいただいた方には「内祝い」を送ります。本来の内祝いの意味は、お祝いをいただいたかどうかは関係ないのですが、子どものお祝い事である初節句に関しては特別に内祝いを配ることもあります。ご実家のご両親と相談して準備を進めてください。

ちなみに、ひな人形は大人になっても飾っても良いものなのでしょうか。
大人になっても飾って問題はありません。子どもの頃だけや、結婚するまでしか飾れないものではありません。おじいちゃん、おばあちゃん、もしくはご両親からプレゼントされた大切な「お守り」としてのひな人形ですので、末永く大切に飾ってください。ご両親のひな人形と一緒に飾り付けしていただくと、一層華やかです。もちろん、おばあちゃんのひな人形と一緒に三代飾りをしてもいいですね。

我が家では、毎年ひな人形の前で撮影した写真を眺めながら、娘の成長を喜んでいます。両家実家が遠方なものですから、撮影した写真をそれぞれの両親に送って喜んでもらっています。離れていても大切な行事です。 これからのお子さまの成長に思いをはせながら、家族みんなで楽しむひな祭りとなるように、ご夫婦やご両親と相談しながら準備を進め、盛大なお祝いになるといいですね。

女の子の節句、ひな祭りについて

娘の初節句は女の子なので三月三日のひな祭り、桃の節句でした。私自身四姉妹の長女ですので、妹たち含め毎年ひな祭りは盛大にお祝いしてもらった思い出があります。

桃の節句は、上巳(じょうし)の節句です。3月の最初の巳(み)の日から、次第に3日に定まっていきました。古来の日本では、草や藁で人形を作り、厄災を祓っていました。また古くから、子供の身のけがれや厄災などを「天児(あまがつ)」「這子(ほうこ)」と呼ばれる人形に身代わりとさせる風習がありました。平安の頃には「流し雛」として紙の人形を川に流し、厄のお祓いをしていました。また、貴族階級の女の子は「ひいな遊び」と言われる人形遊びでも楽しんでいました。これらが江戸時代になり、庶民のお祭り行事として、現在のようにひな人形を飾る「ひな祭り」へと変化したと言われています。桃の花が咲く時期でもあるので「桃の節句」としても親しまれていますが、桃の木は昔から「邪気を祓う木」とされており、魔除けの意味も持っています。

女の子の節句であるひな祭りは、ひな人形を飾ることによって、災いがふりかからないように、健やかに心優しい女性に育つように、美しく成長してよいご縁に恵まれ、人生の幸福を得られますようにと願う行事へと変化してきたのです。

ひな祭りに飾るひな人形は、さまざまなものがありますね。私の実家にあったのは七段飾りのフルセットで、毎年準備も一大イベントだったものです。飾るときにはおばあちゃんやお母さんにそれぞれ飾るものたちにどんな意味があるのか教えてもらいました。三人官女や五人囃子、嫁入り道具までそろったもので、飾る場所や意味を確認しながらわくわくしながら飾り付けたのを覚えています。

私自身に娘が生まれて初節句を迎えるにあたり、ひな人形をどうしようか夫と相談した時には「さすがに七段飾りを飾るスペースがない」となりました。現在の住宅事情においては、スペースが必要なものはなかなか難しく、我が家が娘に準備したのは二人雛「親王飾り」でした。
家族に相談しながらいろいろと検討しましたが、親王飾り以外にもさまざまなタイプのひな人形がありとても悩みました。
とても魅力的だったのは、収納時には飾り台が収納箱と変わり、雛人形・小道具・屏風など一式を収納できる便利な「収納飾り」。和室にも洋室にも合わせやすくお洒落に飾れて、収納時にはスッキリまとまります。
スペースがあったら是非飾りたかったな、と思ったのは「三段飾り」です。親王飾りだけでは寂しいし、かと言って大型の七段飾りは大きすぎる。「三人官女ぐらいはつけたい」と人気なのが三段飾りの雛人形。最近では、華やかなだけでなく片付けに便利な収納タイプの三段飾りも好評とのこと。

現在は、省スペースで飾れるものや収納できるタイプのもの、丸ごとしっかりケースに入ったものが人気のようですね。

お子さまの初節句は、ご家族と相談して準備を進められることと思います。女の子の健やかな成長を願いながら家族全員でお祝いするひな祭りは、毎年のお祝い事になっていきます。年に一度とはいえお手入れも必要ですね。これからのお子さまの成長に思いをはせながら、家族みんなで楽しむひな祭りとなるように、それぞれのご家庭にぴったり合ったひな人形を迎え入れることができるといいですね。

初節句の迎えかた

一生に一度の「初節句」、ご家族みんなで笑顔で迎えるために知っておきたい事とは。

お節句事のお祝いの品は、母方の両親から送るものなんだよ。と、実両親に聞いたときは驚きました。どうやら私が生まれた土地ではそういう習わしのようです。実両親から初節句のお雛様、どんなお人形がよいのか考えておいてね、と言ってもらいつつも、毎日の子育てに追われ、そちらに意識が及んだのはちょうどお正月が明けたくらいでした。
娘の初節句は女の子なので三月三日のひな祭り、桃の節句です。男の子は五月五日のこどもの日、端午の節句ですね。

日本にはこれら以外も節句があるのをご存知ですか?
日本の節句は、以下の5つがあります。

●人日(じんじつ) : 一月七日の七草の節句
            七草がゆを食べて、一年の豊作と無病息災を願います。

●上巳(じょうし) : 三月三日の桃の節句
            お雛祭りの日、女の子の誕生と成長を祝います。

●端午(たんご)  : 五月五日の端午の節句
            子どもの日、男の子の誕生と成長を祝います。

●七夕(しちせき) : 七月七日の七夕
            七夕まつりの日、短冊に願いを込めて笹に飾ります。

●重陽(ちょうよう) : 九月九日の重陽の節句
            菊の花を飾り、邪気を祓って長寿を願います。

およそ二か月に一回のペースで節句があるのですね。九月九日の菊の節句はあまり馴染みがありませんでしたが、宮中や寺院で菊を鑑賞する行事に転じています。秋には菊の鑑賞会も多いですよね。

すべての節句にはそれぞれ意味がありますが、邪気を祓い、家族の健康を願うという意味も見受けられます。

お子さまの誕生の時期によって、それぞれの日本古来の行事やお節句をお迎えする準備も変わってきます。ここでふと思ったのですが、たとえばお正月過ぎて早生まれのお子さまたちの初節句はいつになるのでしょうか。生まれて初めてのお正月を迎えてから初節句のお祝いをする、と聞いたことがあります。実際にどうなのでしょうか。
周りのお友達に聞いてみたところ、いろいろな説がありました。生まれて初めてのお正月を迎えてから、お宮参りが済んでいるかどうか、などなどありましたが、実際のところは特に厳密な決まりはないのだそうです。確かに4月生まれだった娘ですら余裕がありそうだったもののバタバタました。お正月前後や早生まれのお子さまの場合は準備に余裕がなく大変かもしれません。お母さんやお子さまの体調も含め落ち着いて準備を進め、お祝いできるタイミングをご家族みなさんで相談して決めていただくのがいいでしょう。

我が家の娘が生まれたのは今から14年前。あっという間に月日が流れますね。
4月生まれの娘は、春のお宮参りから始まり数々のお祝い事を両家の両親とともに祝ってもらってきました。親としても1年生だったわが夫婦は、すべてが手探り状態でしたが、それぞれ遠い土地に暮らす両親たちに連絡をし、サポートをしてもらいながらの子育てはとても懐かしい思い出です。

お子さまたちの一生に一度の「初節句」、ご家族みんなで笑顔で迎えるためにも、余裕を持った準備を進めたいですね。

家族でお正月を迎えるということ。

家族でお正月を迎えるということ。
お正月といえば、初詣ですね。さいたま市では「大宮氷川神社」が有名です。我が家も毎年お詣りに行っています。毎年家族全員でお参りをしてから、自宅の神棚に飾る御札をいただいてくるのですが、毎年気になっているものがあります。特に息子が「あれってなに?」と毎年のように気になっているものです。男児の好奇心をくすぐるカッコイイ見た目なのです。なんだと思いますか?

「破魔矢」です。

実は、我が家は破魔矢をいただいてきたことはありません。なんだか恐れ多くて手が出ないというのが正直なところなのですが。息子には「悪い運気をやっつけるんだよ」なんて簡単に説明はしているものの、あらためてどんなものなのか、調べてみました。

”破魔矢(はまや)とは、正月の縁起物や神具として神社・寺院で授与される矢である。”
破魔矢とは、読んで字のごとく、魔を破る矢、災厄を祓う矢であり、破魔弓を使って射る矢のことです。
矢と対になるのが弓ですね。「破魔弓」についても掘り下げてみましょう。

「破魔弓」とは
破魔弓は魔除け・厄払いのお守りです。その昔、弓の的のことを「ハマ」と言いました。破魔弓はこのハマに漢字を当てはめたものです。これは、弓矢の持つ霊力を信じることから生まれた習慣です。私が息子に説明してきたことは、間違ってはいませんでしたね。それでは、なぜそのようなものがお正月に関係あるのでしょうか。
破魔弓は、古来からの行事であった「新春の占い」や「厄張り」がその始まりとのこと。もともと、弓矢で的を射て年占いをした宮中行事が後に破魔弓飾りとなったのです。
男の子が生まれた家に贈る正月の破魔弓飾り。新生児の初節句に親戚や知人から破魔弓飾りを贈る習慣もあります。

さらにお正月といえば「羽子板」もありますが、こちらも深い関係があるようですよ。

「羽子板」とは
女の子がお正月に羽根を突いて、その年の厄払いをしたことが、美しい羽子板を生み出したとのこと。なるほど、行事が関係していたのですね。お正月の羽板突きは、江戸時代から女子の遊びで、羽子板は女子の無病息災のお守りの意味も持っています。また、羽子板の羽根の黒い玉は、「無患子(むくろじ)」と言い、子供が患わない」という意味を含んでいるそうです。昔は羽根の形をトンボに見立て、トンボが蚊を食べる益虫であることから、お正月に羽根を突くと、夏になっても蚊に食われることがないと信じられていたそうです。そんなことがあっただなんて、今回改めて調べてみるまで知りませんでした。私自身14歳の娘と10歳の息子を育てています。が、この機会に子どもたちに教えてあげようと思います。

今ではお正月に弓矢で占ったり、羽子板で厄払いはほとんどしなくなりましたが、それらに関係する「お守り」として残っているのですね。一年の始まりに、家族でお正月を祝い、みんなで初詣に行って、一年間の家族全員の無病息災を祈る。心穏やかに笑顔で新年を迎える、そんな素敵な習慣を、しっかりと受け継いでいきたいなと改めて思いました。

来年の初詣の時には、破魔矢もいただいてこようと思います。

そろそろ季節は秋。子どもたちの学校行事や園行事も忙しくなってくる時期ですが、今回ちょっと調べてみて、先々の日本古来の季節行事にも丁寧に向き合っていきたい感じることができる、そんな機会となりました。