おじいちゃんとおばあちゃんが孫のために買う雛人形

3月3日の初節句を迎えるご家庭では、そろそろ雛人形の準備をお考えのかたも多いのではないでしょうか?
雛人形といえば、江戸時代は嫁入り道具の一つとして、母方の実家が持たせることが一般的でした。
現在は家庭により、両家の親であったり、母方の親であったりと状況により変わりますが、孫の節句祝いとして、おじいちゃんおばあちゃんが「健やかに元気に育って欲しい・・・」そんな願いを込めて贈られています。

雛人形の歴史

そもそも雛人形は、「上巳の節句」の際に、草や藁で作った人形を触り身代わりとして川に流し厄払いとされていた行事と、位の高い貴族の女の子のお遊びで紙の人形を使った「ひいな遊び」が一緒になり、雛人形が誕生したと言われています。
その後、江戸時代になって幕府は、節句を3月3日に制定し、雛人形を飾り女の子の節句
の日と定めました。
これまで行われていた流し雛の意味は、人に変わって雛人形に疫を引き受ける役割があったため、3月3日の女の子の節句には、健やかな成長と幸せを願う日となりました。
その後、職人の人形作りの技術の向上により、紙だけで作られていた流し雛が人間のような精巧な作りになり、衣装も豪華になっていき、現在の飾る人形へ変わったのです。
またお内裏様とお雛様のように男女一緒になった雛人形が生まれた理由として、幸せな結婚生活を送れる様に願い、上流階級の娘の嫁入り道具として用意されたと言われています。

雛人形と祖父母の想い出

当時実家には父方の祖母が健在だったので、人形を出す時期、飾る場所、片付ける時期に厳しかった記憶があります。
例えばお雛様を飾る時期は、一般的に立春を過ぎたころ。節分をして疫払いをした、2月4日以降から遅くても3月3日の雛祭り1週間前までの大安に飾ると良いとされています。
私の実家の雛人形は母方の両親が揃えてくれた、三人官女がついた五人飾りを毎年飾ってくれていました。当時は雛人形の種類は今ほどなく、近所にある人形専門店で人気だったものを購入したそうです。私には10歳上の姉がいるので、姉の代からずっと同じ人形でした。人形を飾る場所は2階の居間の一室を使い、人形が太陽の光で焼けないようにカーテンで室内を薄暗くして飾っていました。それでも豪華に飾られた雛人形はとてもきれいで、飾られた人形を見ることがとても嬉しかった記憶として残っています。
3月3日を過ぎると婚期が遅れるからとか、人形が劣化しないようになど、昔から祖母の言いつけを守って母があっという間に片付けていました。
私と姉が結婚してからは、実家でお雛様は飾ることは無くなりましたが、雛祭りのエピソードも含めてどちらも色褪せない想い出です。

親になった今我が家でも人形をただ飾るだけでなく、人形を囲みおじいちゃんおばあちゃんの話をして、娘が生まれた時の話をします。
私が小さなころしてもらったように、ささやかながら五目御飯やお刺身を食卓に並べて、子どもの成長を祝う日にして、毎年子どもの成長記録として、写真を撮っています。そして実家の両親に送り感謝のお手紙を添えています。
現在はモノが溢れている時代で、月日が経つのも早く、日本の伝統行事のひとつひとつ、どんな意味だったのかも考えることなく過ごしてしまいがちです。
雛祭りの良いところは、子ども達の健康を願う親心やおじいちゃんおばあちゃんの愛情を子ども自ら再確認出来る幸せな日であるといえます。
自分の子どもが大人になった時、雛祭りの楽しい想い出が残るように、そして未来の子どもに伝えらえるように、雛人形を囲んで楽しい時間を過ごしてください。

ひな人形の探し方や選び方

3月3日はひな祭りですね。最近の雛人形は、デザインや顔の雰囲気、居住スペースに合わせた飾り方によりサイズも豊富に、ネットや店舗で購入できます。
今回は、おじいちゃんとおばあちゃんがお孫さんのために購入する、雛人形の探し方や選び方をご紹介します。

情報収集としてインターネットで雛人形を探してみましょう。

ネットの良いところは、時間がある時に細かく人形の種類や金額を把握出来き、近隣の店舗を探せるところです。その際、比較検討する材料としてカタログ請求してみるとよいでしょう。

ネット通販だけでなく、実店舗があるかどうかも、お店を選ぶ基準で大切なポイントです。

今はネット主流で店舗へ足を運ばなくても忙しい人にとっては隙間時間に購入出来る時代です。店舗に行かなくても店舗があるネットを利用するとよいでしょう。またその店舗を選ぶ時の基準として、「日本人形協会認定の節句人形アドバイザー」が在中している店舗へ是非伺ってください。好みを伝えて雛人形選びのお手伝いから、購入後のお手入れの仕方、メンテナンスなどについて詳しく教えもらえます。

どのご家庭にも必ず制限があるのが、雛人形のサイズと価格を再確認しましょう。

「どこに飾るか」「どこに収納するか」飾ることよりも大切なこと、意外に忘れがちな収納する場所を予め決めておきましょう。
また雛人形は誰が購入するのかで予算が変わってきます。おじいちゃんおばあちゃんなのか、ご夫婦ふたりだけ、もしくは両家のお祝い金の中からなどか予算を予め把握しておきます。

雛人形の種類別から選び方を検討しましょう。

ひな人形には、大きく分けて2パターンあります。1つは、衣装着ひな人形。もう1つは、木目込みひな人形です。両者ともお顔の作りや衣装の豪華さなど違いがあり、好みの問題になってくるので、家族で話し合って決める事をおすすめします。
また、飾る場所等のサイズが決まれば、次は飾り方の人数別で選びます。二人だけの親王飾りなのか、三人官女も付いた五人飾り(三段飾り)なのか。はたまた、五人囃子の付いた十人飾りや七段飾りなどがあります。
最近では人形の種類も豊富になり、「ひな祭りの歌」に出てくる登場人物全員が揃ったひな人形をコンパクトに飾りたい!なんてお客様も多く、ストーリー性を感じるひな人形も販売しています。

雛人形の飾り方やスタイル別で選んでみましょう。

通常の台と屏風がセットになった平飾りを始めとして、お人形やお道具などが飾り台に収まる収納飾りや、ペットを飼ってらっしゃるお家にも安心なケース入り飾りなどがあります。
また飾るテマもなくコンパクトに片付けられる、毛せん飾りも人気です。昔から〝邪気を祓う〝とされる赤毛せんに和柄の几帳を合わせて、まるで宮中の宴を思わせるかのようなお洒落なデザインが選べます。

自分の好みの顔や色合いなどから雛人形を選んでみましょう。

今はデザインが増え、多種多様なスタイルやデザインのひな人形があります。例えば「私はかわいいタイプのひな人形がいいなあ。」とか、「ちょっと落ち着いたエレガントな雰囲気のひな人形がいいなあ。」など、なんとなくのイメージから、探し始める方もいれば、ピンク色がいいとか、シックな色合いがいいなど、カラーで決められる方もいます。

最後に、我が家は私の両親に全てお任せして、ひな人形や五月人形を購入してもらいました。 リビングの一番良いところに飾り、毎年記念撮影をして両親に写真を送り喜んでもらっています。
これから購入される方は、今回ご紹介した節句人形アドバイザー(日本人形協会認定)に相談し、店舗があるネットを利用しながら雛人形をお選びになる事をおすすめします。

ひな人形早期販売会 11/23 ~ 11/29

ひな人形 早期販売会開催致します!
ご成約で素敵なプレゼント!

 

日時:11月23(土) ~ 29(木)
時間:10:00 ~ 17:00

11月23(土)・24(日)・25(祝)日は節句アドバイザーが在駐し
お人形についてや価格・サイズなどのご相談に応じます。
さらに、11月23(土)~29(木)日の期間中ご成約のお客様に
先着で素敵なグッズをプレゼント!

お人形の数がそろっている今が選べるし、お得です!ぜひ、ご来場ください。

※ 展示商品はカタログ掲載の一部となります。
ご希望商品がございましたら、事前にご連絡いただければ
ご用意いたしますので、下記フリーダイヤルまで、お電話ください。
フリーダイヤル 0800-800-5500

※今回の早期販売会は東京での開催です。
お近くの方、ぜひお越しくださいませ。
楽しみにお待ちしております。

 

◆◆アクセス◆◆
東京都文京区関口 1-29-6 1 階 ( 我楽田工房 )

 

◆バスで
都バス「関口一丁目バス停」徒歩1 分

◆電車で
有楽町線「江戸川橋駅」1a 出口より 徒歩8 分
東西線「早稲田駅」1 番出口より 徒歩9 分
都電荒川線「早稲田駅」より 徒歩6 分

 

詳細はこちらをご覧ください。