端午の節句について

5月5日は、男の子を祝う、端午の節句ですね。またこの日は1948年に「子どもの日」として祝日になり、現在は大型連休の中日としてお出掛けするご家族も多いのはないでしょうか。ちなみに「子どもの日」の祝日の意味は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日とされ、子どもはもちろん子どもを産んでくれたお母さんにも感謝しましょうという意味も含まれています。今では端午の節句で男の子をお祝いする日であり、子ども達みんなをお祝いする日としても定着しています。
さて今回は、5月5日「端午の節句」の歴史と我が家のお祝いの過ごし方などをご紹介します。

端午の節句とは?

日本では古くは奈良時代から遺族の間で端午の節句を祝い事として行っていました。当時は子どものお祝いの日というよりも、菖蒲などを使った厄除けや健康祈願が主な内容でした。
それが、鎌倉時代に「菖蒲」の代わりに「尚武」(武士を尊ぶ)という言葉に掛けて、武家にとって大切な跡取りである男の子の成長を祝う日となったのです。その後江戸時代になり、徳川幕府になると5月5日は重要な日と定め、将軍に男の子が生まれると、玄関前に幟などをたて男の子の誕生と成長を祝う風習が定着したのです。また鯉のぼりが登場したのも江戸時代。当時武家では、男の子が生まれると家紋のついた幟をあげる風習がありました。この幟を昔から中国では縁起物と言われている鯉に変え、庶民が飾ったのが鯉のぼりの始まりと言われています。
またお飾りとして用意する兜や鎧を纏った人形を「武者人形」と呼び、武家に男の子が生まれ、兜や鎧を神社へ奉納したことが始まりだと言われています。それが庶民に広がり、のちに五月人形である武士の兜や刀、鯉のぼりを飾り、男の子の健康を祈る日となりました。

実家に居た頃の端午の節句の想い出

私には男兄弟が居なかったのですが、5月5日は恒例事としてお風呂に強い香りが漂い、それが厄払いの意味があるからと祖母が言うので、菖蒲湯に入浴していました。子どものころは、なんの意味があるのか分かりませんでしたが、祖母が言うからと母が用意してくれていました。
またその日は、柏餅をおばあちゃんと一緒に買い物に行き、御仏壇にお供えものとしてあげて、自分たちも家族と食べていた記憶があります。
端午の節句に柏餅を食べる様になった歴史は、江戸時代の頃からで、柏の葉は新しい芽が出てこない限り、寒くても落ちないことから「子孫繁栄」の象徴とされ、家系を守る武家では縁起ものでした。祖母がいると縁起ものだからと、必ず季節の食べ物やお供え物を用意していた記憶があります。

息子の為に用意している五月人形と過ごし方

我が家には息子がいるので、4月中旬ごろ部屋に兜やお飾りを用意します。これは、息子が生まれてすぐに実家の両親が用意してくれたものです。五月人形は、古くから子どもの厄災の身代わりになると言われ、通常人形1体に屏風や三本の矢、刀などを飾るのが基本だと、両親が人形屋さんから教えてもらい、あっという間に五月人形を揃えてくれました。また子どもの日に飾る鯉のぼりに関しては、一軒家とは違い飾る場所も限られているので、マンション部屋で大丈夫なようにミニサイズの鯉のぼりを飾っています。
そして5月5日はささやかながらお食事会も開き、実家の両親とお祝い事をして過ごすのが恒例です。人形の片づけをする前に、息子の成長記録として兜の前で写真を撮り両親に送る事も欠かせません。
男の子のお祝いは女の子の華やかさはないですが、元気に育って欲しいという両親の願いと愛情をたくさん感じて、素直に真っ直ぐ育って欲しいと思います。

雛人形を片付ける時期と注意すべきポイント

女の子がいるご家庭では、3月3日の初節句に向けて、雛人形を飾る準備等を少しずつ考え始めている方が多いのではないでしょうか。
私が幼い頃の記憶は殆どありませんが、実家に帰りアルバムを開くと、まるまる太った赤ちゃんだった私が、立派な雛人形の前でじっと座っている古い写真があります。当時の記憶は無くても想い出として、写真で残り、家族から大切に育ててもらったのだと、実感出来る1枚です。
今では親になり飾ってもらう側から飾る側になったので、お飾りが終わったらその後の雛人形の片付けも考えないといけません。
さて今回は、雛人形を片付ける時期とその時に注意すべきポイントをご紹介します。

雛人形を片付ける時期について

雛人形を飾った後の片付けの話で「雛人形は早く片付けないといけない」という話を聞いたことはありませんか?
その諸説にはいくつかありますが「片付けが遅れると婚期が遅れる」「片付けが出来ないとお嫁にいけない」「いつまでも厄を引き受けてくれている雛人形を飾って置かない方がよい」など様々です。私が小学生のころは「早く雛人形を片付けないと結婚が出来ないらしいよ」と母に言った記憶があります。
実際のところは、言い伝えに根拠はないので、あまり気にしなくてもよいものです。
むしろ気にしなければならないのが、お雛様にとって片付けに適した日があるということです。それは、湿気のない晴れた日に片付ける事。雛人形が着ている生地は非常に湿気に弱く、湿度が高い日に触れられると痛んでしまいます。例えば天気の悪いジメジメした日に片付けると、人形に湿気を残して片付ける事になります。そうすると翌年雛人形を収納している箱を開けてみると、大切な着物やお顔にカビやシミが残ってしまうことがあります。そうならないようにするためにも、湿度が低い晴れた日に片付けることが、カビや劣化を防ぐ重要なポイントになります。

雛人形を来年もきれいなままで飾るポイントについて

1.人の手油や汚れに弱いので、手袋を使用して、雛人形の顔や着物についたほこりを軽く払います
2.やわらかい布で雛人形のお飾りの小物を拭きます
3.雛人形の顔を和紙などで覆い保護します
4.箱と人形の隙間に柔らかい紙を詰め、雛飾り一式を収納する段ボール箱に入れます。防虫剤を入れる場合は、人形や台、屏風などに直接つかないように、ビニール袋に入れて口を閉じ、小さな穴を数ヶ所開けていれます。それを外箱にガムテープでしっかり貼り付けて直接人形に触れないように固定します。
5.直接日光が当たらない、風通しの良い場所へ段ボールに入れ人形を納めます

雛人形は着物や顔がとても繊細なので、カビや劣化を防ぐために手袋を使い片付けをします。1年間後にまた使うので、置き場所も重要です。風通しの良い納戸や高い位置の戸棚に片付けるようにして、極度な乾燥や湿気を防ぎます。

私が小さかったころは、実家に祖母が健在だったので人形の飾り方や片付けるなど母に厳しく伝えていた記憶があります。なので、三人官女がついた五人飾りを毎年飾っていたのですが、飾る場所は子どもだけでは上がれない2階の広間と決まっていました。また人形に直接太陽の光が当たらないように、カーテンを閉め、気を使いながら母が飾ってくれていました。
片付ける押入れの場所も決まっていたので、3月3日の雛祭りが終わり、天気が良ければ翌日にはきれいに片付けが終わっていた記憶があります。しっかり手入れがされていたので、私がお嫁に出るまで、古くてもきれいな雛人形を飾ってくれていました。
今、自分が親になり管理する側になると、子どもに対する愛情はもちろん、母へ感謝の想いが溢れてきます。

今どきの雛人形のご紹介

初節句を迎えられるお孫さんに、ひな人形をご購入される御祖母様が子どもの頃は、七段飾りや五段飾りなどが主流ではなかったですか? 三人官女や五人囃子、随人・三仕丁が付いた十五人揃えは、華やかで見る人の心を掴む圧巻の豪華さがあったはずです。それに比べると、今はひな人形のサイズやデザインなど多種多様になり、かえってどんなひな人形を購入したらよいか迷う方が多いようです。
今回は、今どきのひな人形や我が家で購入した雛人形など選ぶ時の参考になるようにご紹介します。

1.自分の居住空間を考えて選ぶひな人形

近年の住宅事情により、今はコンパクトなサイズのひな人形が出てきました。特にマンションやアパートに対応した、横幅が65cm以下の雛飾りが年々増えてきています。
我が家もマンション世帯なので「ケース入りひな人形」を購入しました。ケース入りだと出している間、人形に直接埃がかからず、終わったら箱にしまうだけと手間がなく、居住空間に十分な広さがない、我が家にとっては丁度良いからです。

2.ぷっくりしたお顔が特徴のひな人形

飾る場所はないけど、ひな祭りの歌に出てくる人物が登場するような雛飾りが欲しいなんて欲張りな方には、「木目込みひな人形」がお薦めです。
小さくて丸い形が特徴的で、赤ちゃんのようなぷっくりしたお顔が可愛らしいくコンパクトですが、しっかりひな人形として存在感があります。

3.見映えと収納を兼ね備えたひな人形

お人形やお道具など一式が飾り台に収まる、「収納飾り」はやはり住宅事情もありここ数年人気です。二人飾りの親王飾り収納タイプだけでなく、三段飾り(五人飾り)で収納型があります。また飾り台の高さがある分、横幅が同じ平飾りに比べて見栄えが良く、節句が終われば収納出来ます。
こちらも人気で長く使って欲しいとお友達ママのお母さんが購入されたと聞きました。

4.インテリアの一部として選ぶひな人形

ひな人形の選び方として、着物の色や顔など好みの雰囲気で選び、部屋に合わせた色合いで選ぶ方も少なくないです。
今時のひな人形選びでは、ひな人形と言えば赤を想像してしまいますが、昔と違い高貴なお色の紫系や何色とも言いがたいニュアンスカラーのような衣裳のひな人形の人気が高いといえます。
また、ピンク色やラベンダー色の「ケース飾り」は、春らしく女の子のお節句には相応しい色合いになっています。

5.美人顔から可愛いお顔など表情から選ぶひな人形

顔が命と言われるように、ひな人形のお顔は、選ぶ時の条件に必ず入ります。昔ながらの涼しげな表情を好まれる方もいますが、赤ちゃんのような愛らしいお顔や古典的過ぎないお顔もうっすらと頬紅が入り、黒目が大きく見える美人顔が好まれるのが最近の傾向です。

6.優雅に佇む立雛ならではのひな人形

ひな人形を飾るスタイルとしては、「立雛」もブームです。元々ひな人形は、古来より流し雛などの人の型をしていました。立雛が原型だとされる諸説もあり、本来の形で飾りたいという方が増えています。

そもそも、雛祭りとは生まれてきた女の子の健やかな成長を願い、また将来幸せな結婚ができるようにと願いを込め、お雛様を飾る行事です。本来の飾り方を見直し、原点回帰に立ち返って〝邪気を払う〝とされる赤毛せんに、お目出度い金屏風を合わせるなど装飾にこだわって選ばれる傾向にあります。
このように、個々の生活スタイルやデザインにこだわり、ご予算と飾る場所を決め、サイズ感を伝えられるようであれば、節句人形アドバイザーがいる店舗へ行かれることをおすすめします。節句人形アドバイザーがいる店舗で購入されると、きっとご希望にピッタリのひな人形が早く見つかるはずです。

寒い冬、親子で楽しむ冬の遊びやお出掛けスポット

冬と言えば、氷や霜、雪や冷たい空気に白い息、大人になると寒さばかりに注目してしまいますが、小さいうちから寒い冬を体感させると子どもは強く育ちます。その一方で子どもと過ごす冬は何をしたらよいか、悩むママも多いのではないでしょうか。
そこで今回は赤ちゃんと楽しむ冬の遊びや一緒にお出掛け出来るスポットをご紹介します。

寒い冬は散歩をしながら遊びを発見

冬だからと言って、屋内で過ごしてばかりだと、ママも子ども飽きてしまいます。そこで乳幼児であればベビーケープを巻いてママが抱っこしながら冬のお散歩を楽しんでみてください。この時期外で息を吐くと人の体温と外気温の差で白い息が出ます。「白い息が出るね」「風が冷たいね」そんな会話が小さな子どもの感受性を育んでくれます。
公園へ行けば、土にはびっしりと霜柱がおりています。靴の下で霜を踏む音「ザクッ」という音を聞きせたり、冷たい土を少し触らせたりすると、より冬を感じられるようになります。
普段雪が積もらない関東でも、稀に雪が積る年があります。大粒の雪を初めてみる子どもは、不思議そうに眺めています。そんな日も雪が落ち着いたら、温かい服装をして少し外へ出てみてください。ザクッザクッと雪を踏みしめる音を楽しみ、雪を丸めて小さな雪だるまを作って、赤ちゃんに触れさせると、小さくても想い出として記憶に残ります。

歩き始めの頃、雪で遊ぶ時の服装は

個人差はありますが、生後8ヶ月頃から壁伝い歩きが始まります。この頃長い時間でなければ、外で雪遊びをすることも可能になってきます。よちよち歩きの赤ちゃんであれば、撥水や耐水性に優れたジャンプスーツがおすすめです。成長に合わせてサイズを選び、お腹に雪が入ってこないつなぎ服でデザインも豊富にあります。幼児期の雪遊びの防寒着や汚れてもいいように我が家では購入しました。靴は長靴だと底が薄い為、寒さが伝わりやすく子どもが雪の上を歩く時は、スノーブーツを履かせていました。また雪遊びであれば手袋や帽子が必要です。それに子どもは体温が高いので直ぐに汗をかきやすく、出掛ける時は着替えも持参すると良いですよ。

冬におすすめ赤ちゃん連れお出掛けスポットは

赤ちゃん連れでお出掛けであれば、冬の寒い日でも天候に左右されない、ショッピングモールや水族館など屋内施設がおすすめです。大きい施設であれば、赤ちゃん用の授乳室やオムツを替えられる場所が完備されています。また大きなショッピングモールであれば、レンジが設置されていてお湯を温めミルクや離乳食を作る場所もあります。ほかにも子どもを乗せるカートがキャラクター使用で好きな乗り物で移動出来るなど、小さな子ども連れ家族には安心してお出掛け出来ます。

また自宅周辺でもらえる市報や役所へ問合せをすれば、近隣の児童館を簡単に探すことが出来ます。児童館に行くと、赤ちゃんが遊べるおもちゃや室内遊具が充実しています。私も子どもが小さい頃は、児童館のイベントを確認して出掛けていました。イベント内容には、ベビーマッサージやお話会、アニメの音楽でダンスを踊るなど盛り沢山でした。室内は暖かく、オムツ替えや授乳も出来るので、赤ちゃん連れのママが安心して出掛けられる施設になります。また同じくらいの月齢のママたちが集まってくるので、育児等で日頃悩んでいる事や情報交換の場となり知り合いが出来るきっかけ作りになります。育児中は何かと自宅にいる事が多くなるママも、児童館へ行けばママ友と横の繋がりが出来ます。寒い冬に自宅で過ごすよりも、平日の昼間は児童館へ行くと気分転換になりますよ。

冬ならではの病気予防について

平成最後の年末へ向けてカウントダウンが始まり、12月から1月にかけてクリスマスやお正月など楽しいイベントが盛り沢山。街も賑やかになり、買い物やイルミネーションを観に出掛けるご家庭も多いのではないのでしょうか。
我が家も子どものお友達ママとクリスマス会の予定を立て、週末まとめて買い物に出掛けるなど12月は毎年忙しいです。
またこの時期、子どもの体調管理に気を付けているママの話をよく耳にします。
今回は冬の寒さや我が家で実施していた病気予防についてなどをご紹介します。

子どもとお出掛けする時に気を付けること

冬の時期どこのご家庭でも気を付けているのは、子どもの防寒対策ではないでしょうか。冬の外気は寒く、晴れた日中やお店の中は暖かい、冬は何かと服装に悩まされる季節です。まだ自分の意志を伝えられない赤ちゃんは、大人が注意深く見てあげる必要があります。寒いからとたくさん洋服を着させすぎると、暑すぎて寝汗をかいてしまい、夜の寒さで冷えて風邪を引いてしまう事があります。我が家はベビーカー移動が多かったので、赤ちゃん用のひざ掛けを用意して暖かい日中はひざ掛けをしまい、寒い夜はひざ掛けを広げるなど小まめに対応していました。

冬こそ水分補給を小まめに

冬は空気中が乾燥する季節です。そこで喉などの粘膜を潤すために、夏よりも水分補給が必要です。スポーツドリンクでも問題ないのですが、子どもの虫歯気が気になるご家庭は、ミネラルを含む麦茶を飲ませる事をおすすめします。その際麦茶が冷たいと体が冷えてしまい、お腹を壊してしまうこともあるので、我が家では常温のものを入れて持ち歩いていました。

お気に入りのマスクでお出掛け

マスクも昔と違い今は、男性用、女性用、子ども用とサイズがそれぞれあります。さらにキャラクターの絵が描いてある簡易的なマスクから、可愛い布地で出来たマスクなど子どもが喜んで付けてくれるマスクが販売しています。病気は口や鼻から侵入することが多く、我が家では人の多い場所へ出掛ける時は、マスクを着用しています。

家で出来る病気予防

基本的に外出から帰って来たら手洗いうがいを必ず行います。小さな子どもがうがいを出来る様になるまで時間は掛かります。まずは大人が外出から帰って来たら手洗いうがいをしている姿を子どもに見せることが大切で、時間を掛けて練習すれば出来る様になってきます。

室内の保湿で快適に過ごしましょう

我が家では子どもが出来て購入したものの1つとして加湿器があります。室内も暖かくなり、乾燥から咳込むことが減り冬を快適に過ごすアイテムとして必需品になりました。
冬の日中は日も短いので洗濯が乾かない事も多いと思います。室内に洗濯物を吊るすことで、室内の加湿に役立ちます。ただ、保湿し過ぎると窓際に結露も出やすくなるので、注意が必要です。

冬にこそ十分な睡眠が必要です
子どもは朝までじっと布団を掛けて寝てはくれません。そこで、我が家では暖かい生地のスリーパーというパジャマの上に羽織るものを用意しました。そのまま布団代わりになり、夜中に体を冷やすことなく、朝までぐっすり寝てくれます。体調を崩しやすい冬にこそ、十分な睡眠が必要となり、免疫力アップに繋がります。

お出掛けが多いと普段と違い規則正しい生活が出来なくなります。その為体調を崩しやすくなるのが12月です。無理をせず子どもの体調を見ながら楽しい年末年始を過ごす為に、日頃の体調管理や手洗いうがいが病気予防に関しては欠かせません。
しかし子どもの病気に過敏になり過ぎず、年末年始のイベントへ向けて楽しむ余裕を持ち、今回ご紹介したことが、少しでもお役に立てたら嬉しいです。