時代を超えて受け継がれる親心、日本の伝統的な年中行事について

日本の年中行事の一つに、女の子の健やかな成長を祈る、

節句の年中行事があります。

3月3日は桃の節句、雛人形を飾って、子どもの健康と幸せを祈る

3月3日、桃の節句は、昔は、旧暦の3月3日に行われていました。

旧暦の3月は桃の咲く時期であることから、桃の節句とも言われます。
現在も地方などの一部地域では、旧暦、現在で言うところの、4月ごろに行うところもあるそうです。
こどもに災厄が降りかからないようにという親の願いや、こどもが幸せになりますようにという気持ちを込めて、人形を飾るようになりました。
男雛、女雛を中心とする人形を飾り、桃の花や、菱もち、白酒や寿司、ひなあられなどの飲食をお供えします。
その歴史は古く、いつ頃からこうした行事が始まったのかは分かりません。
しかし、平安時代には、川へ紙で作った人形を流す流し雛があり、穢れを払う災厄よけの守り雛として祀られるようになりました。
現在でもその考えは受け継がれており、子どもの身代わりとなり、事故や病気から守ってくれ子どもの健やかな成長と幸せを祝うために飾られるご家庭が多いです。
姉妹の場合は、一般的に、兼用は避け、別々なものを飾ることが良いとされています。

雛人形は、長く飾っているとお嫁に行くのが遅くなるので、早く片付けた方が良いとされています。
それは、身代わりとなってくれる守り雛であるから、長く身近に置いておくのはあまり良くないという説と、
梅雨も近づき、カビや汚れの心配もあることから、片づけも満足にできない女性は、お嫁に行けないという戒めの意味が込められているからという説があります。
どちらも、お子様を大切に思う気持ちから言われるようになったかもしれませんね。
実際にお嫁にいき遅れるわけではありませんが、カビや汚れの心配はありますので、お天気のいい日に、早めに片付けることがオススメです。

工房天祥自社サイト→→https://www.hinamatsuri-kodomonohi.com/

大切なお子様の節句に 雛人形について知っておきたいこと

これから、お子様やお孫様が生まれる方にぜひ知っていただきたい、日本の風習

女の子の節句 込められた願いや用意する物を知っておきましょう。
女の子の節句と言えば、3月3日のひなまつり。
これは平安時代から始まったとされており、女児の健康を願い男女一対の雛人形や寿司、雛あられなどを用意してお祝いするものです。
人形を飾る由来としては、もともとは女の子の人形遊びが起源とされており、
江戸時代には雛遊びという名称で呼ばれていたこともあったといいます。
雛人形は男女一対の内裏雛と、宮中に仕える女官を表す三人官女、
能のお囃子を奏でる五人囃子で構成されることが多く、その並び順にも決まりがあります。

 

雛人形の他には赤い被布やつるし飾りをご用意されると豪華ですし、市松人形をお持ちのご家庭では一緒に飾ってあげるといいですね。
むかしから赤い色には魔よけの効果があるとされていましたので、赤い被布を大切な赤ちゃんに着せて厄除けを祈ったのですね。
少し話はそれますが、還暦のお祝いで着用する赤いちゃんちゃんこも同じ意味合いです。
つるし飾りは、昔は女の赤ちゃんが生まれると、お母さんやお祖母さんがひとつひとつ手縫いで縁起物をモチーフにした飾りを作り、
つなげて飾っていたようです。
また、男の子の節句とされている端午の節句は子どもの日とも呼ばれ国民の祝日となっています。
十二支で5番目の牛を指す5月5日が端午の節句とされ、もともとは紀元前に中国から伝わってきたとされます。
現代では男の子の健康や成長を願い鎧、兜、刀や五月人形、鯉のぼりなどを飾ってお祝いする風習があります。
鎧兜には男の子の身を守るという意味が込められており、鯉のぼりには男子の立身出世が祈願されています。
典型的な鯉のぼりは5色の吹き流しと3匹の鯉からなります。
吹き流しは中国の五行説に由来しています。このように、日本には古来より様々な願いを込められた節句が存在しています。
大切なお子様やお孫様のために、昔ながらの風習にならって健康や成長を願ってみるのはいかがでしょうか。

 

工房天祥自社サイト→→https://www.hinamatsuri-kodomonohi.com/

 

節句人形を飾る日としまう日、お日柄について

お雛様の場合

お雛様は、早く飾って早くしまうとされています。
一般に節句人形専門店さんでは、お正月の七草が過ぎたら飾っても良い、
仕舞う時期は、3月3日が過ぎたら、早めにとしています。
古い説では、2月の雨水(うすい)の日(節分後の12日目)に飾り、啓蟄(けいちつ)の日に仕舞うとされる地方もあります。

でも吉野地方などでは、旧節句の4月3日に流し雛を行い、
それが済むと夕方から仕舞うのが習わしになっています。
ということは、全国津々浦々それぞれと言うことなんでしょう。

 

 

お日柄について

一応飾る日柄は、お祝い物と言うことで良い日柄の時がいい、
下記を目安にカレンダーと相談してください。
大安/一日中吉、先勝/午前中は吉だが午後から凶、
先負/午前中は凶だが午後から吉、赤口/お昼時吉それ以外は凶、
友引/朝夕吉それ以外は凶、仏滅/一日中凶
凶というのは、何かを始めるのによろしくないと言う意味で
悪いことが起こるとかと言う意味ではありません。
お日柄と雨水・啓蟄・清明の日などは、毎年変わりますので色々気になる方は、六曜の他、様々な吉凶についても紹介されていますので、研究してみても面 白いですよ。

 

工房天祥自社サイト→→https://www.hinamatsuri-kodomonohi.com/