amazonペイメント利用可能店
楽天ペイ

ひな人形HOME > 雛人形 > ブランドから選ぶ > 工房天祥×吉徳 > 雛人形 吉徳大光×人形工房天祥 コラボ限定オリジナルひな人形 「吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛」

カラーバリエーション

吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛
吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛
拡大 Prev Next

雛人形 吉徳大光×人形工房天祥 コラボ限定オリジナルひな人形 「吉徳 ひな人形 雛人形 清水文平作 親王飾り 御雛」

商品番号 14yos-305195

当店特別価格155,000円(消費税込:170,500円)

[ 送料込 ]

当店の価格はすべて税抜表示です。ご購入手続き時に別途消費税相当額を申し受けます。
数量

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み
レビューを書く

送料込

商品名
雛人形 ひな人形 【2019年 新作】 吉徳 清水文平作 ひな人形 親王飾り (二人雛) (お雛さま/お雛様/おひなさま/ひな祭り/雛祭り/名匠・逸品飾り) 人形広場
商品説明
吉徳大光
清水文平作 - 親王飾り (二人雛) -
桜柄が描かれた“衝立式”の台屏風セットに、“高貴なお色”の紫色を基調とし古典的花柄があしらわれた衣装のお雛さまを合せました。
ブランド名
人形工房天祥オリジナル
サイズ
横幅68×奥行40×高さ31(cm)

吉徳大光
清水文平作 - 親王飾り (二人雛) -

吉徳大光-清水文平作-親王飾り_(二人雛)

節句人形アドバイザーの、おすすめポイント

きっちりと着せ付けられた、お人形の姿が印象的です。
その容姿が高貴な風格をよく表している親王飾りです。
近年の住宅事情により、ますます二人だけの親王飾りに人気が集中しています。
中でも、小さめサイズで気軽に扱えて、だけど見栄えがするある程度の大きさのものを選ればれるお客様が多いです。

「男性作家・清水文平」のひな人形の特徴は、伝統的な技法にのっとり、しかも現代感覚を取り入れた洗練された印象の衣装が好評なんです。
長く受け継がれるに相応しい、自信を持ってお薦めできる高品質ひな人形です。
若い世代のご夫婦からお祖父様・お祖母様まで幅広く人気のある、「清水文平」作家のひな人形飾り(平飾り)です。

豪華11特典

商品詳細

創業正徳元年(1711年)・創業三百年もつづく、江戸で最古の人形の老舗・「人形は顔がいのちの吉徳」で有名な吉徳大光がおくる「吉徳大光ブランド」のひな人形・節句飾りです。
徳川家宣公より「吉野屋」の屋号を賜り、以来江戸を代表する人形問屋として発展を重ねてきた吉徳の想い、家族の絆とともに「守りたい伝統 語り継ぎたい物語」がここに存在します。

新鋭男性作家「御雛」シリーズは、女性作家が活躍する中、「こちらも負けてはいられません。」と、丁寧な着せ付けと凛とした雰囲気をかもし出す格調高い作品に定評がある“気鋭の男性作家”の雛人形です。
作家にはそれぞれの特徴があり、「雛人形に寄せる想いの結晶」の“匠の技”の競演です。
しかしながら、やはりテーマは一つ、「大切なお子様のご誕生をお祝いし、末永く幸せが続きます様に」との願いが込められたシリーズです。
“清水 文平”の作る雛人形は、伝統的な技法にのっとり、しかも現代感覚を取り入れた洗練された印象の衣裳着雛人形です。
生家は二代にわたる人形師の家系です。
祖父に三喜桓照、父に三喜朱月、また伯母には女流人形作家の「清水久遊」がいます。
祖父からは継承する家伝の技を、父に師事して体得しました。

こちらの新鋭男性作家「御雛」シリーズ「小三五親王飾り 清水文平作 京都物語」は、
金沢箔の金箔押し屏風の台屏風セットに、京都西陣伝統文様裂地・束帯十二単の衣装のお雛様です。
男雛には天皇が晴れの儀式で着用される“黄櫓染”の御装束の写し、女雛には赤地に伝統的文様柄を織り出した京都西陣織物の格調高い衣装です。
有職文様とは、平安時代以来、公家階級で装束・調度などに用いられた伝統的紋様のことです。
格調高い紋様として扱われていたため、他の分野と区別して近世以降この名で呼ばれている、日本の文様の基調をなしています。
この様に高貴な風情あるお二人の姿が、シンプルな金屏風によって、より一層映える雛飾り(平飾り)です。
そして人形師の技が輝る逸品は、格調高い厳かな雰囲気のある親王飾り(二人飾り)の雛人形です。

【写真1】女雛の正面からのお姿のアップです。
赤を基調とし、伝統的文様柄・京都西陣織物の格調高い衣装です。

【写真1】男雛の正面からのお姿のアップです。
天皇が晴れの儀式で着用される“黄櫓染”の御装束を写した、格調高い衣装です。

親王飾りの斜めからのアップです。

女雛のお顔のアップです。
凛とした中にも優しく穏やかな表情が特徴的です。

男雛のお顔のアップです。
凛とした中にも優しく穏やかな表情が特徴的です。

両側には菱餅です。真ん中は、三宝(三方)です。
一般的には三宝に瓶子(へいし)がのっていて、その瓶子に水引で飾られた熨斗(のし)がさしてあります。熨斗には紅白梅の花がついています。

桜橘(さくらたちばな)のアップです。

雪洞(ぼんぼり)のアップです。
※実際に灯りがつきます。電池を使用する、コードレスタイプです。

台屏風セットのアップです。
高級・金沢箔の金箔押し屏風です。