冬生まれの赤ちゃんと快適に過ごすためのポイントとは

お子さまの生まれた月によって、それぞれ準備するものや日々の生活で工夫するポイントも変わってくるものです。今回は冬生まれの赤ちゃんについてです。

子どもが生まれたことで、我が家に新しく導入されたものとして「加湿器」と「空気清浄機」「温度計&湿度計」がありました。子どもたちがまだ小さいことは、毎冬大活躍してくれた冬ならではのグッズです。子どもたちも、体調も崩しにくくなりました。皆さんのご家庭ではいかがでしょうか。
特に冬場は、風邪をひきやすい季節です。インフルエンザなどのウィルス性の病気も気になりますね。冬生まれの赤ちゃんは、病院から退院してきて、お母ちゃんのおなかの中から持ってきた「免疫力」が切れてしまう頃が心配になります。乾燥やウィルスなどの「赤ちゃんの身体にとって、負担なものたち」をなるべく排除することが必要になります。加湿器が無くても、お洗濯ものの部屋干しで室内の湿度調整も可能です。また、家族が外出から帰宅した際には、玄関ですぐにコート類を脱ぎ、うがい手洗いを積極的に行うなどの工夫をして、室内にウィルスなどが入り込まないように工夫をしましょう。

冬生まれだからといって、ずっと室内に居続ける必要はありません。お母さんと赤ちゃんがずっと室内にこもりきりも大変です。生後3か月くらいでしょうか、赤ちゃんの首が座ってきたころには外出もしやすくなりますね。赤ちゃんの体調を見て、天気が良い日にはお母さんの気分転換も兼ねてお散歩がてら外出も良いでしょう。日光浴なども楽しめるとよいですね。季節柄、人混みはなるべく避け、直射日光に注意しつつ、抱っこ紐やベビーカーをうまく使うなどして、冬ならではの外出も楽しんでください。

冬の育児の思い出で、良く話題に上がったのが「授乳タイムをいかに快適に過ごすか」でした。生まれてすぐの赤ちゃんは、夜中に授乳のために何度も起きます。特に冬場は部屋が寒くなってしまい、起きあがることも寒い中授乳することも大変だった思い出があります。体温調節が赤ちゃんにとって、寒い部屋で寝ること、布団をはいでしまったときはどうするのかなど、心配ですよね。冬生まれの赤ちゃんは、寝室の環境も注意してあげましょう。暖房器具をうまく使いながら、湿度も適度に保ち、お部屋が寒くなりすぎないようにしましょう。授乳タイムを快適に過ごすためのちょっとした工夫としては、我が家では大きめの厚手の授乳ケープが大活躍でした。毛布とは別に準備しておいて、授乳のたびに赤ちゃんと一緒にケープに包まって授乳すればお母さんも寒くなくて一石二鳥です。そのまま横になって眠ってしまったとしても毛布代わりになって暖かかったです。お互いの体温でケープの中はポカポカになります。とかく授乳期はお母さんが睡眠不足になりがちですから、楽に授乳が続けられる工夫も必要です。そのままゴロンと横になってウトウト眠りにつくときには、ケープや衣服が赤ちゃんの呼吸の妨げにならないように、呼吸がしっかりできるように十分に注意してあげてください。また、体温調節がまだ上手くできない赤ちゃんは、大人が感じるよりも暑くなり冬に寝ている時でも汗をかきます。そんな時はこまめにお着替えもするとよいでしょう。あらかじめ枕元にお着替えを用意しておくと楽ですよ。

寒い中公園にひなたぼっこに行ったこと、夜中白い息を吐きながらケープに包まって授乳したこと、子どもたちが大きくなった今では懐かしい思い出です。冬ならではの思い出もたくさんできました。冬生まれの赤ちゃんにしかできない「冬の育児」を楽しんでくださいね。

ひな人形を末永く楽しむための、飾り付けのポイントとは

家族みんなで楽しむひな祭り、盛大なお祝いとなるよう、ご夫婦やご両親と相談しながら準備を進めることと思います。我が家に迎え入れたひな人形、いよいよ飾り付けを開始するときには、まずは「家のどこに飾ろうか」と頭を悩ませるご家庭も多いのではないでしょうか。今回はひな人形の飾りかた、についてです。

まず、ひな人形はとても繊細な素材を多く使って作られています。ケースに入ったものはそのまま飾って問題はありませんが、「直射日光」は避けましょう。窓際はなるべく避けた方がよいでしょう。とはいえ、明るい場所に飾って楽しみたいものですよね。薄手のカーテンや障子を上手に使って直射日光を遮ってください。
我が家は、お人形は日本人形、ということもあり、和室に飾っています。ちょうどリビングから見える明るい位置なので、飾りやすいというのもあります。しかし、今は和室がないご家庭もあるかと思いますので、和室の有る無しにこだわらず、飾りやすい場所に飾って楽しみましょう。

お子さまがまだ小さい場合は、小さいお飾りなどの誤飲にも注意しなくてはなりません。誤飲の心配があるうちは、ケースに入っていない場合はお子さまの手の届かない場所に飾りましょう。お祝い当日には、お子さまの動きに注意しながら皆さんからよく見える位置に移動して楽しみましょう。
ケース入りの場合は、出し入れが簡単で飾る手間もかかりません。しかし、ガラスケースの場合は、取り扱いに十分に注意してください。アクリルケースのひな人形は軽量で割れにくく、ペットや小さいお子さまがいらっしゃるご家庭でも安心ですから、お子さまのお部屋の棚の上などでもよいでしょう。お子さまが大きくなってきたら相談しながら飾るのも良いですね。

昔と違い、今の住宅事情ではなかなかひな人形を飾る場所の確保も難しいかもしれませんが、エアコンやストーブの風などに注意しながら、水はねや油はねのない、汚れない場所に飾り付けてください。ひな人形を長く楽しむためには、汚れにも注意が必要です。飾っている間も、ホコリや汚れがつかないようにこまめにお掃除をしながら、お人形をキレイに保つようにしましょう。

いざ飾るとなった時。我が家は毎年悩みます。毎年確認してしまう事、それは男雛と女雛、どっちが右で、どっちが左?ということ。年に一度ですから、どうしても忘れてしまうというのが正直なところ。配置の決まりはあるのでしょうか。
古来の日本文化では、男性は向かって右、女性は向かって左とされてきました。現在でも京都地方ではおひな様もそのように配置されています。
しかし、それ以外の地域では逆に右に男雛、左に女雛を飾る傾向にあります。
これには昭和天皇の即位礼に倣ったとか、西洋化の影響など諸説あります。

お子さまの成長に伴って、飾る場所も変わってくるかもしれません。手の届かない位置にあったひな人形が、手の届く位置に変わってくることで、お子さまの成長が実感できるかもしれませんね。末永く楽しむために、飾る場所や保存の仕方にも注意しながら毎年のお祝いを楽しみましょう。