歴史ロマン!!名だたる武将の鎧兜 2

名のある名将の兜や鎧は、各無償のご当地では特に人気があります。

前回に引き続き個性的でしゃれた兜を、ご紹介します。

加藤清正の兜

加藤清正は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての肥後・熊本藩の初代藩主です。
戦国後期の最強武将としても名高く、名将ファンの中でも人気の武将です。
虎退治伝説で有名な加藤清正公の兜は、兜鉢が長く突き出ていて、鍬形と前立が一体で日輪を型取っています。

伊達政宗の兜

洒落人の代名詞伊達公の兜は、しころ(兜背面 の裾の部分)が広く、吹き返しは小さくて梅の紋様がはめ込まれています。
鍬形は三日月型。

豊臣秀吉の兜

豊臣秀吉は、太閤検地や刀狩などの政策を進め、大阪城を築いた、三英傑の一人です。
百姓から天下人へと至った生涯は、「戦国一の出世頭」と評されています。
前立・鍬形は小なく、代わりに兜の後ろに 旭日を型取った飾りがさしてあります

いかがでしたか?
もし兜選びに迷われるようでしたら、歴史上の武将からさがしてみてはいかがでしょうか?

歴史ロマン!!名だたる武将の鎧兜1

名のある名将の兜や鎧は、各武将のご当地では特に人気があります。

昔は鎧や兜は、敵味方の見分けが付きやすいように、
人とは違うデザインに執心したようですが、それだけでなく、
武将達のちょっとした洒落心もあったんじゃないかって 気がします。
だって名将の知性や勇気が伝わってくるような個性的な兜が多いです。
そんな個性的でしゃれた兜を、少しだけご紹介します。

武将ランキング上位の人気者  真田幸村の兜

六文銭が施された前立てと鹿の角が特徴的な兜です。
戦国武将・真田幸村は、見事な兵の進退と鬼神のような武勇を敵からも讃えられ、
名将中の名将と名高く、常に武将ランキング上位の人気者です。
決死の覚悟であるという意気込みの表れでもある六文銭は、真田家の家紋として有名です。

徳川家康の兜

江戸幕府初代将軍で太平の世を築いた戦国の最終勝利者でもあります。
出世兜といえば、徳川家康の右に出る甲冑はありません。
大きな吹返し、鍬形は羊歯の紋様が特徴的。
前立は、竜頭は龍ではなく日輪です。

源義経の兜

清和源氏の流れを汲む河内源氏の当主・源頼朝の九男であり、幼名・牛若丸でも有名ですね。
義経は、武芸に優れた武将だったことから英雄視されて語られるようになり、
次第に架空の物語や伝説が次々と付加される程の人気名将です。
長鍬形に前立は竜頭、吹き返しが大きい、最も美しいとされる兜。

上杉謙信の兜

上杉謙信は、戦国の神将と呼ばれ自ら毘沙門天の化身と信じ、出陣した合戦は全て負けることがなかったと言われてる、武将人気ランキングには常に上位の名将です。
鍬形と前立の代わりに月と太陽がはめ込まれています。


プロ直伝!!失敗しない五月人形の選び方 その2~鎧兜・五月飾りの商品の見分け方

一般の方は、鎧兜なんて普段は滅多に見ませんから、商品の善し悪し値段の違いといわれても難しいですよね。

では、どういう点に注意したらいいでしょうか?

1.大きさと値段が関係ないのが五月飾り

基本的に鎧兜・五月飾りは全て手作り品です。
大きさが違っても掛かっている手間は一緒です。

小さいから安い、大きいから高いというものではありません。
確かに材料費の違いはありますが、衣料品などと違い、ほとんどが国産品です。
しかも鎧兜のおどし(糸の部分)は職人が手作業で編んでいて、
大きくても小さくても手間代は変わりません。
大きさに関係なく、値段が安い物高い物それぞれに、きちんとした理由があります。
例えば、おどし糸は正絹の方が発色がよく綺麗ですが、化繊より値段は高くなります。
鎧兜の金の部分がメッキならば安いし、金箔を貼っていれば高いです。
革の部分も、本革に印田で模様を付けている場合は高く、
不織布にプリントの場合は安価になります。
大きさに惑わされずに、なぜ高いか、安いか、きちんと理由を聞くと良いでしょう。

2.安価な物は、抜き型です。 

鎧兜は手作り品ですが、高価な物は、竜頭が手彫りであったり金箔を貼っていたり
が実物のように細かいパーツで組み立てられていたり、兜の鋲を一つ一つ
手作業で打っていたり、手間が掛かっています。
一方安い物は、竜頭や兜を型で抜いてメッキしています。

この2点を見比べるとよくお分かりになるのではないでしょうか?
しかしながら、本仕立てだからいい、抜き型はダメというものでもございません。
飾り物だからいいわと思うのでしたら抜き型を、
一生に一度のお祝いだから、と思うのでしたら、 本格的な造りの物を選ぶといいでしょう。

最近は、抜き型も良くできたもので、ちょっと見は見分けが付かなかったりします。
人形も鎧兜も、持ってみて重いのはほとんど高額品。抜き型は軽いです。
ただ竜頭だけは、高額品は木彫りで金箔を貼っているので軽く、
抜き型はアンチという金属を使っているので、重いです。

3.飾り台・屏風は、加工や細工で値段が変わります。

飾り台・屏風の値段も、あまり大きさと関係ありません。

■信頼できる店の見分け方■

鎧兜・五月飾りは、長くおつきあいするものですから、信頼できるお店で購入するに
越したことはありません。万が一、壊して修理を依頼しなくてはならない場合など、
対応に差が出る場合もなきにしもあらず。

○大幅値引きは要注意。
3月中の早い時期から、チラシやホームページ等で大幅値引きをうたっている店は、要注意。
上代(定価)を高く設定し、大幅割引している場合がほとんどです。
普通のお店がシーズン最後の在庫処分を始めるのは、3月中旬以降。
でもこの頃には、人気商品は売り切れてしまうので選択肢が少なく、
後悔しても後の祭り。

○質問・相談にちゃんと答えてくれる。
自分の扱っている品に関して知識のないなんていうのは、もってのほか。
遠慮なく相談・質問してベストな品を選びましょう。
またネット通販なら、メールや電話で相談できるかをご確認ください。
正しい知識を持った専門家が対応してくれるお店で購入するほうが安心です。

○店内の掃除が行き届いている。
商品がきれいに展示されているお店は、スタッフの気配りが行き届いています。
展示されている飾りが埃をかぶっているようでは、アフターケアも期待薄。

○強引な店は×。
売り込みが強引なお店やこちらの都合に耳を傾けてくれない店は、
良い店とは言えません。

〇店員の対応。
「他のお店も見てきます」と言った時に、
気持ちよく「またご来店下さいね」と言ってくれるお店は、良いお店です。