糸に込められた願い

工房天祥の上久保です。
先日、スタッフが兜を片付けているのを見ていて「わぁ~」と声をあげてしまいました。

皆様は兜の後ろの部分を見たことありますか?私は時代劇等で見たような気もするのですが、気にしたことがありませんでした…(。>д<)
兜の裾をぐるりとスカート状に取り囲む部分を【錣(シコロ)】と言うのですが、錣を彩るカラフルな糸がありまして【威糸(オドシイト)】と言うのですが、これがとても綺麗なのです!!!
各々に願いが込められていて

【紫裾濃】は「菖蒲の花」を模していて、菖蒲は薬草としても優れていることから厄除けの意味がある。
【白糸威】は、他の色に染まらない=自分の意思を貫くことから「何事にも動じない強靭な意思」を表現。
【赤糸威】は、武士においては大将の色であり、全ての生命の源を表す太陽の色。

他にも沢山の色が使われています。
ついつい兜は前からの印象で選んでしまいそうですが、威糸に込められた願いを知った上でお子様への願いを託すのも、とても素敵ですよね(*^^*)