市松人形の着物をリメイクしたお雛様の屏風

工房天祥の上久保です。
今日は、天祥がある人形の町【岩槻】に新しくできた【人形博物館】が開館した為、賑やかな音楽と屋台のイイ匂いがプーーーンと外をただよっています☆
屋台の匂いの誘惑につられそうになりながら、展示スペースをウロウロ…
沢山のお雛様が、皆様の元へ向かったので、
お正月の時とはお雛様がガラッっとかわっています。

そんな中で、先日専務が飾っていたお雛様の屏風が気になって、お客様がいなくなった時にながめていました。

天祥には、大人気の【こひな】がありますが
こひなより少し大きい立雛があるんです( ≧∀≦)ノ
立った状態で15cmと可愛い大きさ☆

そして屏風が市松人形の着物をアレンジした物なのです!!!
壁にもかけられるようになっているんですよ☆
お雛様を出す時期ではなくても、屏風だけ壁に飾りたくなってしまいませんか?!
私は部屋の壁を色々な物で飾るのが好きなので、ついつい飾りたくなってしまいます。

お時間がある方は、是非見に来てください☆

意外と知らないお雛様のお花

工房天祥の上久保です。

雛壇に飾るお花、今は本当に沢山の種類がありますよね☆
昔はどこのお雛様も、同じ様なお花が飾られてたような気がしませんか??

なぜ雛壇にお花が飾ってあるか』ご存じですか?

私はお花が横にあると綺麗だからかな?!なんて思っていたのですが、ちゃんと全てに意味があるんですよね(*σ´ェ`)σ

一般的、雛壇に飾られているのは
【桜】【橘】ですが、【桃】のお花も飾られたりしています。

】は、桃太郎が鬼退治をするというお話しがありますが、桃には邪気払いの霊力が強く備わっていて
鬼が好まないようなので魔除け…厄除けの力があると言われています。

】は、桃と同じで古来から魔除けや邪気払いをしてくれる力があると言われています。

】は、冬に黄金色の実がつくことから
古来から不老長寿の花で神のよりしろとも言われ、ありがたい木とあがめられています。

その為、↑これらのお花が飾られているようです。

まだまだ私の知らないことが沢山ありそうです
( ^▽^)