ひな祭り=3月3日ではない?!

工房天祥の上久保です。
昨日、我が家の末っ子に「もう ひな祭りだね~」と言うと、『じゃ~次は俺の番だから、3日になったらすぐ片付けて俺の兜を置こう!!』((o( ̄ー ̄)o))と…
4月から小学四年生になるのですが、楽しみでしょうがないようです(((*≧艸≦)ププッ

さて工房天祥では今年、12月頃から【お雛様】の注文があったのですが、3月3日前日の 本日も沢山のご注文をいただいております。
昨日今日辺りのご注文に共通しているのは、【3月6日頃に届けてください】ということです。

あれ?
ひな祭りが過ぎているのでは??と思った方もきっといらっしゃいますよね?!(* ゚∀゚)

【ひな祭り=3月3日】のイメージがありますが、実は地域によっては【4月4日】にお祝いをされる方もいます。
現在の暦の3月3日は、旧暦では2月3日にあたりますが、古来の風習を守って旧暦の3月3日(現在の暦では4月3日頃)にお祝いする地方も多々ある為、これから購入して飾られる方がいらっしゃるのです。
地域によって違う事は本当に沢山ありますね(^^)

今回のお雛様は、とくに屏風を見ていただきたいです( ^-^)ノ
パッと見るとわかりにくいかもしれませんが、実は【押し花】が中に入っているのです!!
わかりますか?
押し花入りの屏風は珍しく綺麗ですよね♪

お雛様のような素敵な表情ができる子に

工房天祥の上久保です。
先日、我が家の長男が「バイト代で縮毛矯正してきていい?」と言い出しました。
近々新しい学生証の写真撮影があるようなのですが、4月から高校3年生で就職活動にも使う写真になる為、すごく気になるようです。(≧д≦)

『髪型じゃないよ!表情とか話してる雰囲気だよ!』と話したのですが、譲れないようなので明日行ってみるそうです。 どうなるか?!楽しみな母です(((≧艸≦)プッ

その話をしていた時にふと、
顔が命の、よ~し~と~く~♪”が浮かびました。
職業病ですね(*゚ー^)
最近はあまり耳にしなくなりましたが、雛人形の時期になるとテレビから流れていたので、耳に残っている方は多いのではないでしょうか?

吉徳は300年続いているということもあり、お店にいらっしゃる方の中には【雛人形=吉徳】と思われている方も多くいらっしゃいます。

昔から「顔は心の鏡」とよく言われていますが、今心で思っていることや・年齢を重ねるごとにその人の経験や沢山の出会いが表情となって現れます。
人の顔と同じように、作りての思いや家族の願いが雛人形の表情にもなっていくので、人形の顔も命と言われています。

そのため娘や孫に、吉徳の雛人形のような素敵な表情ができる子に育ってほしいと願いをこめる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

吉徳では、時代の変化や要求を取り入れて、折あるごとに変化しています。
そのため雛人形のお顔は、今流行りの小顔でスタイリッシュです。
今風の雛人形をお探しの方には、吉徳の雛人形もオススメです。

私のお気に入りは、こちらです!


入社して吉徳のお雛様を見ていた時、一番始めに目に飛び込んできたのが、このお雛様でした。
ウェディングドレスもそうですが、着物も前だけではなく後ろもとても綺麗じゃないですか!!


その後ろまで綺麗に見せている横姿のお雛様はナカナカないので、見ててウットリしてしまいますね❤️

海外にも連れていきやすいお雛様

工房天祥の上久保です。

昨年「超コンパクトな雛人形ありませんか?」という問い合わせがありました。
その方は旦那様の転勤が多く、海外も行くことがあるので雛人形を諦めていたのだけれど、ヤッパリ飾ってあげたくて…とのことでした。
幼稚園や保育園・ベビー(子育て)サロンで、【雛祭り】のイベントは必ずあるので、子供達も物心つくとお雛様を欲しくなってきますものね。

でも海外へ送る場合、ケース飾りはあまりオススメが出来ません
ケースは、ちょっとした衝撃に弱く、配送途中での破損がとても多いからです(ノ_<。)

そこでご提案させていただいたのが
ひらりシリーズ】でした。

台が、横27cm・奥19cm・高さ17cmと超コンパクトで、親王は木目込み人形でできています。

お雛様は2タイプあって
プックリお顔と体に、クリクリお目めの可愛らしいお雛様は、色違いで6種類あります。

■シャープなお顔と体に、キリッとしたお目目で
どちらかというとカッコイイや綺麗系のお雛様は、色違いで3種類あります。

お着物は、京都西陣裂地を使っているので、とても豪華に見えます。

木目込みなので軽くて持ち運びも便利ですし、着崩れしないので海外に持っていくことも可能です。
超コンパクトなので、キッチンカウンターや下駄箱の上・廊下の棚や本棚に置いても可愛らしく見えると思います。

女雛は赤系のお着物が多いのですが、男雛は【黒系・青系・紫系に緑系】と沢山の色があるので、可愛い系…綺麗系…また古風な感じや今風の感じと、自分好みの雛人形を選ぶことができます( *´艸`)

飾るところがない…と半ば諦めていた方にも、選んでいただけるような雛人形となっておりますので、是非とも検討してみてください(^○^)

“お客様が娘さんとひらりシリーズ”のお写真を送ってきてくださいました。
背伸びして一生懸命、見ようとしているところが可愛いですよね(((*≧艸≦)

自分一人でも出来る!と思わせてくれるお雛様

工房天祥の上久保です。
先日、お雛様を【2つ】出しました。
天祥に入社するまでは、1つしか出していなかったのですか、その子だけの成長を願って用意しなくてはいけないことを知り、今年は初めて2つにしてみました( ≧∀≦)ノ

子供達と飾っていて、ふと思ったのですが…
昔はお雛様と言えば【大きいイメージ】があったので、父親がメインで雛人形を出すイメージがありましたが、最近では母親が一人で出したり・子供となんてご家庭も多いのではないでしょうか?!

「今度のお休みの日に雛人形、出して!」って旦那さんに言うのも簡単ですが、疲れてそうだから言いづらいな…なんて時もありますよね?!
でも飾るのが簡単なケース飾りなら、出すだけだから自分で飾ってしまおうかな?と思ったりしますよね。( ´∀` )b
場所をとるような雛人形だと、場所も考えて…そこを片付けて…それから出す!になりますが、コンパクトなケース飾りの雛人形であれば場所もとらないので、キッチンカウンターやダイニングテーブル・ちょっとした棚の上にも置くことが出来るので気になりますよね!!!

工房天祥でも“ぷり姫のケース”は人気があります。
五人飾りは、横幅58cm×高さ38cm×奥行31cm
親王飾りは、横幅53cm×高さ34cm×奥行27cm
とてもコンパクトで、ガラスではなくアクリルケースなので軽く、女性でも簡単に持つことのできるケース飾りです。

■パールピンク
■ベージュピンク
■ラベンダー
    の三色があり、今風の可愛らしいお顔をしていて、玉櫛(たまぐし)の中央にはラインストーンが付いています。
女の子は幼稚園位になるとプリンセスに興味がでてくると思いますので、その頃になって“ぷり姫の雛人形”を見たら、「私のお雛様はプリンセスみたい♪」なんて言ってくれるかも?!しれません( *´艸)

お着物はケースの色に合わせて、ピンクを基調とした淡く可愛らしい色の京都西陣金襴織物で作られていて、可愛らしさの詰まった雛人形となっております♪

“可愛らしい物が好き”なお母様にはオススメですので、1度ご覧になってください

( ≧∀≦)ノ

別々に作られる、お雛様。

工房天祥の上久保です。
節分は、ご家族で楽しみましたか?
毎年、節分は【節分弁当】を作るのですが、今年はお弁当持ちの子がいなかったので何だか寂しかったです(ノ∀\) 3年前の節分の日。 末っ子の節分弁当が思い浮かばず、 鬼…強い…恐れられている…ノソノソ歩く…と1人で連想ゲームをしてしまいまして、何となく?!【ゴジラ・GODZILLA】を作りました(>∀<*)
これオニじゃないじゃん!!」と怒られたのを思い出しました(笑)
たしかに違いますね(≧∇≦)b

さて、手作りといえば…
お雛様は、職人が【手作り】しているというのはご存知の方が多いかと思いますが、1つのお人形“全て”を1人で作っているわけではないのをご存知でしたか?

お雛様は【分業制】で手作りされております。

頭師
織物師
小道具師
手足師
髪付師
そして最後の工程である
着付師
と、1体のお人形を作り上げるため沢山の人が関わっています。

そのため、
髪型が若干違う気がするのですが…
着物の柄が写真と若干違う気がします…」等、毎年お電話をいただくことがあります。
髪型は髪付師が1体1体結っている為、若干誤差が出ることもありますし、
着物のは同じ生地を使っていても、裁断した場所によって若干柄のでかたに誤差が出たりもします。

そして、1番多いのが【屏風】で
金屏風に傷があるのですが…」というお電話です。
金箔は、金や真鍮などをたたいて1万分の2~3ミリの厚さまで伸ばし、小さくカットしたものを1枚1枚手作業で貼っていきます。
その為、継ぎ目やシワが目立つ場合があります。
これは作業工程上や特性上やむを得ないもののため、ご理解いただけたら嬉しく思います。

今季も、お子様の無病息災と健康を祈りお雛様をお作りさせていただいておりますので、是非【手作りの良さ】をじっくりと見比べにきてください( *´艸)/♪